空き巣被害に遭わないため

監視カメラというと、前提として『犯罪行為』がなされる、ということが前提となっていますが、基本的に私達はよっぽどのことが無い限り犯罪行為に巻き込まれる、被害に遭うということはありません。ですから、普段の生活ではそういったことをほとんど意識しなくても生活していくことができるのです。いざというときに、対処すればよい、のです。

でも、本当にそうでしょうか。そういった事柄に巻き込まれてしまってから初めて、対処を考えれば良いのでしょうか。いいえ、決してそうとは言えません。なぜなら、私達は誰もが、自分たちがそれに巻き込まれる可能性を完全には否定できないからです。今日、または明日に空き巣の被害に遭う可能性は少ないとしても、それを0だと根拠づけることはできません。自分たちは安全である、と保障することもできません。普段からそのための対処をしていないなら、なおさらです。

ですから、その場で対処することを考えるのではなく、事前にそういったことが起こる可能性を否定せずに、準備しておくことができます。そこで行える方法の一つが、先ほども挙げた『監視カメラ』の設置、なのです。今では家庭用の監視カメラが販売されていますが、それらはどのように選んだら良いのでしょうか。