高速ネットワークがあれば

現代ではネット回線の速度や安定性が向上し、自宅にいなくても自宅のパソコンを遠隔でほぼ遅延なしに遠隔操作したり、クラウドに保存された大容量のデータを引き出したりすることができるようになりました。この技術は、ネットワークに接続することができる監視カメラでも活用することができます。監視カメラは、あくまで一つの手段です。

それによって空き巣などの被害を全く0に抑えるということはできません。しかし、限りなく0に近い可能性にすることは出来ます。一番危ないのは、「何もしないこと」です。狙われやすいところは、侵入しやすいところ、または他人の目が付きにくいところです。大抵はそういった事柄を行う前に、下調べをしているものです。そういった危険性から家族を守るためにも、監視カメラを設置することは良いことです。

導入にはいくらかのコストがかかります。もちろん、超高性能カメラを設置する必要はありませんが、長時間の映像をいつでも保存して参照できるタイプのカメラや、侵入者が来た時に何らかのアクションを取れるものもあります。セキュリティを高めるために住居自体を変えるという方法もありですが、手軽に行えるのはこういった方法であると言えます。

外出先からも映像確認

「監視カメラ」と言っても、なんとなくイメージで持っているような、いくつもの画面を24時間目を凝らして監視していることはできません。というか、その必要性はありません。監視する必要性が最も高い時と言えば、外出時ですが、外出時であるならなおさら自宅や自宅付近の様子をずっと監視していることはできません。

そこで利用することができるのが、ネット回線を用いて、外出先などからも遠隔で様子を確認できる監視カメラです。これを用いることによって、いつでも自宅の安全を確認することができます。それは、ただ単に犯罪行為を監視するだけではなく、子どもや高齢者がいるならば、その安全を見守るためにも用いることができます。

TOPIC : 防犯カメラ・監視カメラ録画システムのアロバビュー

また、単にそのようにカメラを設置しているということを誇示するだけで、空き巣などの犯罪行為の抑止になります。空き巣を行おうとしている人が最も恐れるのは、いわゆる『目』です。誰かから見られることを、もっとも嫌います。監視カメラがある意味でその『目』の役割を果たしますから、ある程度の抑止にはなります。また、実際に犯罪行為が行われたとしても、その様子を録画することができ、証拠として提出できるというメリットもあります。

空き巣被害に遭わないため

監視カメラというと、前提として『犯罪行為』がなされる、ということが前提となっていますが、基本的に私達はよっぽどのことが無い限り犯罪行為に巻き込まれる、被害に遭うということはありません。ですから、普段の生活ではそういったことをほとんど意識しなくても生活していくことができるのです。いざというときに、対処すればよい、のです。

でも、本当にそうでしょうか。そういった事柄に巻き込まれてしまってから初めて、対処を考えれば良いのでしょうか。いいえ、決してそうとは言えません。なぜなら、私達は誰もが、自分たちがそれに巻き込まれる可能性を完全には否定できないからです。今日、または明日に空き巣の被害に遭う可能性は少ないとしても、それを0だと根拠づけることはできません。自分たちは安全である、と保障することもできません。普段からそのための対処をしていないなら、なおさらです。

ですから、その場で対処することを考えるのではなく、事前にそういったことが起こる可能性を否定せずに、準備しておくことができます。そこで行える方法の一つが、先ほども挙げた『監視カメラ』の設置、なのです。今では家庭用の監視カメラが販売されていますが、それらはどのように選んだら良いのでしょうか。

監視カメラが必要な理由

『見られる側』と、『見る側』…私達は一体どちらなのでしょうか。私達はいつも誰かのことを「見て」いますが、それは同時に私達が「見られている」ということをも意味しています。私達は、自分たちが認知することのできる世界でしか物事を見ることができません。他人から自分がどう見えているかというのは、絶対に分からないことなのです。

誰もが、「自分だけの視点」と、「他人を見る視点」を持っていますが、その二つは対極にあるもの、と言えます。『監視社会』と言われる現代になってから、私達は二重の意味で『見られる』ことが増えました。テクノロジーの発達は、私達のプライバシーを守ることに貢献していますが、同時に今まで見えなかった部分も見えるようにしてしまっています。様々な店舗に監視カメラが設置されていますが、それには私達の動向を監視すること、犯罪行為を記録することなどの役割があり、私達誰もがその監視対象の例外とはなりません。皆等しく、『監視』されているのです。

私達はそのように監視される側だと、あまり良い気持ちがしないかもしれません。しかし、自分たちが「する側」であれば、どうでしょうか。それに対して負い目を感じたりしますか。自分たちの安全を確保するためであれば、そういった手段を用いることについて、悪く思ったり引け目を感じたりする方は少ないでしょう。私達はそのようにして、『見る側』としての役割を果たすことができます。最近では、家庭用の監視カメラを設置している人も増えています。